カードローンの仕組みを教えて

カードローンの仕組みの中で、もっとも特徴的なことはカードローン発行会社と保証会社の関係です。カードローンを申し込む際に必ず目にする貸し付け条件として、所定の保証会社が行う審査に受かることがあります。三井住友銀行の保証会社がプロミスであったり、みずほ銀行の保証会社がオリエントコーポレーションであるように、銀行のカードローンの保証会社が、消費者金融やノンバンク企業になっていることはあまり知られていないかもしれません。これは、貸金業法の改正により、いわゆるグレーゾーン金利が廃止されたことで大幅な貸金業界の再編が行われた結果であるということができます。多重債務者の多くが債務整理や自己破産などの手続きを取ることにより、貸し金の回収が不可能となって単独の消費者金融では立ち行かない状況になりました。今まで、無担保の個人融資には見向きもしなかった大手都市銀行が、これらの消費者金融を子会社化することによって、現在生き残った消費者金融の大手は、銀行系消費者金融と呼ばれるようになりました。また、このような背景から、カードローン発行会社が消費者金融を保証会社に据えることは、両者にとってメリットの大きいものとなったのです。大手銀行は不慣れな個人融資に対する一切の事務手続きを消費者金融に任せることで、審査のスピード化が計られ、即日融資などが可能になった訳です。銀行自体が行う貸付に比べて、カードローンの利息が高くなっている理由がここにあることがお分かりいただけたと思います。

関連ページ

カードローンの種類を知ろう
カードローンの種類に関して詳しく説明しています。ご覧ください。