カードローンとはどんなもの

銀行や信用金庫、あるいは信販会社などが発行する、ローン専用カードのことをカードローンと呼びます。以前はキャッシングと言っていた消費者金融での貸し金についても、最近はカ−ドローンと呼ぶようになっています。クレジットカードに付いているキャッシング機能は、一括返済が原則となっているものが多く、その意味で分割返済のカードローンとの区別を行っています。また、同じ個人向けのカードローンでも不動産担保ローンなどとは異なり、無担保無保証人が原則となっています。カードローンの使い道は自由になっていますが、事業資金だけは除外されます。近年、カードローンを発行する金融機関およびノンバンク企業が多くなってきました。特に、銀行系のカードローンは、クレジット会社のキャッシング金利よりやや低めの金利が設定されていることや、返済途中での一括返済が自由にできるシステムなどのため、比較的若い年代の利用が増えているようです。また、最近では申し込みと同時に融資が受けられる、即日融資制度といったサービスが一般的になっています。また、三菱東京UFJ銀行のバンクイックではアコムが保証会社になっているように、カードローンには、カード発行会社とは別にカードローンの使用者が返済不能に陥った際、代位弁済を行う保証会社が付いています。つまり、ローンカードの申し込みの際には、必ず保証会社の審査を受けることになります。いずれにしても、しっかりとした返済計画を立ててからカードローンを利用することが肝心です。

カードローンとはどんなもの記事一覧

カードローンの仕組みの中で、もっとも特徴的なことはカードローン発行会社と保証会社の関係です。カードローンを申し込む際に必ず目にする貸し付け条件として、所定の保証会社が行う審査に受かることがあります。三井住友銀行の保証会社がプロミスであったり、みずほ銀行の保証会社がオリエントコーポレーションであるように、銀行のカードローンの保証会社が、消費者金融やノンバンク企業になっていることはあまり知られていない...

カードローンを発行している企業は様々ですが、一般的には、銀行や信用金庫などの金融機関が発行するもの、クレジット会社などの流通系企業によるもの、および消費者金融が発行元になるものといった3種類に分けることができます。消費者金融が発行するカードについては、提携先の銀行名を表示して、銀行系カードという言い方をすることがありますが、ここでは、飽くまでもそれぞれの消費者金融の固有カードという扱い方をします。...